ジニアス記憶術 潜在意識の開花

ジニアス記憶術 潜在意識の開花

ジニアス記憶術では
この右脳の働きを開花させることで、
文字や文章などを理解して覚えるのではなく
ただ眺めている模様やイメージとして記憶することを可能にします。

 

 

 

人間の五感で感じ取った情報を
頭で細かく分析するのではなく、
感じ取ったままの音や模様として脳内に記憶するのです。

 

 

そしてこのジニアス記憶術の方法で
トレーニングすると右脳が効率良く活性化されます。
右脳を効果的に有効に使えるようになると
記憶することができる情報量の多さや記憶する速度が、
左脳の比ではないことに驚がくしてしまいます。

 

 

昔、ダスティン・ホフマンと
トム・クルーズ主演の「レインマン」という映画がありました。

 

 

その映画のなかで、自閉症の主人公、
ダスティン・ホフマンが電話帳丸ごと一冊を
短時間に覚えてしまったことで、
兄のトム・クルーズを驚かせたというシーンがありましたが、
この自閉症の主人公は実在する人物で、
サヴァン症候群患者のキム・ピークさんという人が
モデルになっていたそうです。

 

 

彼は病気が原因で、
幼いころから左脳の知性が発達しなかったため、
右脳の潜在能力が阻害されずに
人並みはずれた記憶能力が開花したといわれています。

 

 

また、幼い子供が、
世界中の国旗や国名をすべて暗記していたり、
日本の駅名をすべて順番通りに言うことができるなど、
そんな天才と称される子供たちを
テレビ番組などで見たことがありますが、
これは、幼い子供の左脳は
まだ言語の解読や論理的思考といった能力が未発達であるため、
音や模様といった
イメージとして記憶することができる右脳の能力が、
私たち大人よりも柔軟に働いた為
といわれています。

 

 

また幼い子供には、
「こんなにたくさんのことは覚えられない」といった
否定的な常識観念もありませんから、
記憶しているという意識もなく楽しむように
国旗や駅名を吸収できたのではないでしょうか。

 

 

理屈よりも潜在意識のほうが力が強いという言葉を聴いたことがあると思います。
例えば、部活動で炎天下ランニングをさせられた記憶、
子供の頃つらかった体験がある人は夜中にその夢を見て、
汗びっしょりになっていることがあります。
今現在そのようなことをさせられることはないと頭では分かっています。

 

 

ですが、脳の中に記憶が残っているため、このような現象になります。
パニック障害、不安神経症もこの例です。
記憶が強いため、症状が現れます。
脳の無意識の力は想像以上に強いことが分かります。
右脳・潜在意識のパワーが良い方向に向かった時、
そのパワーは計り知れないものがあるのです。
受験、テストで潜在意識を使うことはたやすいことであることが想像できます。

 

 

このように、右脳は無限の潜在能力をもっています。
たとえ個人差はあったとしても、
私たちひとりひとりが持っている右脳の”脳力”を
最大限に開花させて記憶術だけに留まらず
自分自身の潜在意識を呼び覚ましてみてはいかがでしょう。

 

 

潜在意識が変われば、根本から変わるということです。
良いイメージが潜在意識に入れば
意識しなくても進みたい方向に体が向かいます。

 

 

ジニアス記憶術の内容をやってみると
”記憶する”という誰もが一度は体験しているメカニズムを通して、
右脳は左脳以上に秘められた能力が無限であることを
気づかせてくれます。

 

ジニアス記憶術 潜在意識の開花
※特典【受験・資格試験で劇的に点が取れる方法】付き
※通常購入の方はこちら



ジニアス記憶術 潜在意識の開花
※当サイト限定19,800円12,800円
※割引価格で購入したい方はこちら
※特典【受験・資格試験で劇的に点が取れる方法】付き

 

ジニアス記憶術の魅力的だった特典のページに進む


TOPページ もう一つの理由 記憶のメカニズム 右脳の潜在能力 記憶力を鍛える練習