記憶力を鍛える練習〜1日の行動を思い出す

記憶力を鍛える練習〜1日の行動を思い出す

記憶力を鍛えるのによく聞く練習方法です。朝起きてから、夜寝るまでに何をしたかイメージで思い出すことが大事です。

 

 

活字ではないので、イメージで思い出すことができる点が右脳を使った記憶力トレーニングになるのです。

 

 

お昼のメニューを思い出してみることは他のことも思い出したりするはずです。一緒に食べた人のこと、その人のファッション、そういう周りの事と関連づけて思い出すことが良いトレーニングになるわけです。

 

 

1日を思い返してみた時、思い出せなくて「なんだっけ・・・」となることもあります。そういう時はそれを解決してから寝るとスッキリしますし、頭の整理になるので
ストレスが減った状態で眠りにつくことができるのです。

 

 

 

管理人もそうですが、偏差値、点数社会で生きてきた場合、物事を強引に暗記する忘れやすい覚え方が身についています。
イメージで柔らかく覚える=忘れにくい覚え方になります。右脳を使った覚え方はジニアス記憶術で勉強できますし、資格試験、受験勉強に効果を発揮します。

 

 

管理人も初級シスアド、基本情報技術者に結構簡単に受かることができました。右脳パワーであったことは間違いありません。受験勉強時代よりも簡単に覚えられたんです。今も忘れていないことが不思議です。

 

 

原口式 記憶術〜家庭教師 塾 夏期講習 冬期講習 春期講習のページに進む


TOPページ もう一つの理由 記憶のメカニズム 右脳の潜在能力 記憶力を鍛える練習